PAAR(パール)

このゲームは、手札を揃えて「あと一枚あれば4枚連番になる」状態になったら告白し、当てはまるカードを持っているプレイヤーとペアになれたら勝ち抜けできるカードゲームです。

運命の人はあの人かも!?カードを揃えて告白を受けてくれる人を探すもよし、自分のカードを求めてくれる人の告白を待つも良し、ペアを成立させましょう♪

ゲーム概要

プレイ人数:3~7人
プレイ時間:15分

ゲーム評価

ルール難度:★★☆☆☆
論 理 性:★★☆☆☆
嘘  :★☆☆☆☆
交 渉 力:★★☆☆☆
直   感:★★★★☆
運  :★★★★☆
※パズリア独自見解によるものです

ゲームの準備

  1. カードをよく切って、一人三枚のカードを配ります。余ったカードは山札に置きます。
  2. 山札の1番上のカードをめくり、隣に置きます。ここは捨て札置き場になります。
  3. スタートプレイヤーを決めます。

ゲームの進め方

  1. カードは、5種類のマークに対してそれぞれ0~9までの数字が1枚ずつ、計50枚あります。
  2. 勝利条件は、自分の手札4枚のうちの3枚と、他のプレイヤーが出す1枚のカードで役が成立することです。
  3. スタートプレイヤーから順に手版が来たプレイヤーは、まず山札もしくは捨て札の一番上から1枚カードを取ります。
  4. カードをひいたら、「告白する」か「手札から1枚捨てる」を選択します。
  5. 「告白する」場合、「告白します!」と宣言した上で、手札のうち2枚のカードを捨てて、残り3枚のカードをオープンします。
  6. オープンされたカードに対し、他のプレイヤーは役が成立するカードを持っていたらそのカードを表にして出して下さい。役が成立していることが確認できたら、その二人のプレイヤーが勝利です。
  7. 役の成立は、「マークの異なる同じ数字4枚」か「マークの同じ数字の連番4枚」のいずれかです。
  8. 連番の場合、0と9は繋がっているものとします。8,9,0,1や9,0,1,2でもペア成立可能です。
  9. 告白できる状態ではない場合は、手札のうち1枚を捨て、山札からカードをひきます。
  10. 山札が無くなったら、捨て札をシャッフルして山札にします。上から1枚をオープンし、捨て札に置きます。

Amazon購入ページ

PAARは、Amazonで販売しています。※在庫状況はサイトをご確認ください。